卯の花(うのはな)

作詞

不明(瀬川如皐とも)

作曲

二世清元延寿太夫の妻いそ(磯女)

初演

1831年(天保2年)春

本名題

賑民壽萬歳(にぎわうたみのことぶきまんざい)

参考資料

清元集 清元全集 清元五十番

解説

この曲は歳旦浄瑠璃として開曲されたと伝わります。この歳旦浄瑠璃とは正月の祝いに新作で披露された曲のことです。
披露された天保2年は「卯年」であったために唄い出しを「卯の花」とし、そこから通称になりました。

内容は隅田川、特に深川本所方面の四季の風物を表現したものですが、この年の恵方がその方角だったことも題材にした所以です。
曲調も面白く、前弾きより上調子が軽妙に旋律を表現したり、歌詞によって「佃」「新内がかり」「端唄がかり」、鼓の音を表すためも「こき」も聴きどころです。

歌詞

卯の花の 雪で兎を作るなら 目には程よき花落の
茄子の走りに浪越えて 高値はまけぬ初がつお
釈迦の誕生指させど 天にも地にもただ一本
一杯飲んだ酒機嫌 まだあと船や日和下駄
来るか来るかと川岸へ出て見れば 船は屋根船 佃節
おっと危ねェ長箱の
先へ二上りさん橋や 是非に御見と書く文は
筆の鞘町か西川岸か うまい仲町中空に
てっぺんかけたと鳴いて行く
時鳥過ぎて雨晴れて 千種の花の露しげみ
なお光添う秋の夜の
月の影さへ隅田川 いざ言問わん都鳥
あれの枯野と向島 誰が庵崎か琴の音も
この頃遠し冬籠り ふりの日脚も節季候の
さっさとござれ年の暮
一ト夜明くればおのずから のどけき春の朝ぼらけ
梅に来て鳴く鶯に 初音ゆずりて才若が
千代の小鼓おっとりて 万々歳と祝う寿 久しけれ

動画