2011年4月アーカイブ

こんにちは。くにえです。

 

前回の記事を読んでいただいた方から「あの後保名は死んでしまうんですか??」
という質問を頂戴しました。ご質問ありがとうございます!

 http://kuniedayu.com/blog/2011/04/post-88.html

 

清元のパートは前回の部分で終わりますが、
保名の原作「芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)」には続きがあります。

というわけでちょっと調べてみました。
大まかにあらすじを書きますね。

 

(保名は榊の前を探しています。)

まだなお探し続ける保名のもとに、榊の前に瓜二つの女性が現れます。彼女は榊の前の妹「葛の葉」でした。
保名は葛の葉と結婚し、信太の里にすみました。

時を同じくして都では天皇の世継ぎが産まれないことで占いをすると、
白い女狐の血を飲むことで不妊が治ると出て、白い女狐を狩るべく信太の里へ
兵を派遣します。

たまたま居合わせてしまった保名は逃げてくる白い女狐を匿ってしまいます。
その行為により保名は兵たちに重傷を負わされてしまいます。

助けられた女狐は恩返しにと葛の葉の姿となり、保名を介抱するのでした。

狐とは知らない保名は兵から逃れるため阿倍野の里へと狐葛の葉と移り住みます。


二人の間には「童子丸」という子供も産まれました。


一方、本当の葛の葉は行方知れずの夫・保名の風の便りを聞き、阿倍野の里へと
やってきます。
家の前で本物の葛の葉を見た保名は唖然とします。
保名をなじる声を聞いた狐葛の葉は童子丸を抱き上げ別れを告げるのでした。

ここで有名な句を障子に書き残します。


恋しくば 尋ねきてみよ 和泉なる

    信太の森の うらみ葛の葉

 

この後、本当の葛の葉は童子丸を我が子のように可愛がるのでした。

この童子丸が成人し、名を晴明と改名しました。
有名な陰陽道学者・安倍(阿部)晴明です。

 

 

この「芦屋道満大内鑑」も関西圏に古くから残る「葛の葉物語」などを題材にしていたと
考えられています。

晴明の術の凄さに、人々は上記のような伝説を作ったのかもしれませんね!


そうそう。もう1つ質問を頂いていました。
あの写真の保名は父・花柳知蔵です(笑)
今から20年ほど前に歌舞伎座で踊った際の写真だそうです。

 

まだまだ古典にはたくさん面白いものがあります!

またの機会をお楽しみに!!

 

清元 國惠太夫

こんにちは。くにえです。

 

東京では桜が散り始め、葉がうっすらと枝を覆うようになってきました。

北関東方面ではまだまだ見ごろなのではないでしょうか?!


 

今日はこの時期にぴったりの舞台セットを駆使する清元「保名(やすな)」を
ご紹介したいと思います。

 

 

yasuna_kiyomoto_kogakouichi.jpg                                                                                                                     作・古賀宏一


上記の画像は保名の舞台美術の原画です。
父が保名を踊る際に故・古賀宏一先生に描いていただいたそうです。

桜や菜の花畑の風景に蝶が舞い遊ぶ春の一幕です。


この「保名」は本名題を深山櫻及兼樹振(みやまのはなとどかぬえだぶり)と言います。
竹田出雲・作「芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)」の
「小袖物狂いの段(こそでものぐるいのだん)」を1818年、清元に書き直し、
江戸都座で初演された曲です。

 

主人公は安陪(阿部)保名(あべのやすな)と言います。


保名の想い人である「榊の前」が、父の派閥闘争に巻き込まれ自殺してしまいます。
榊の前の小袖を持ち、保名は狂乱して亡き彼女の姿を探し続けるという内容です。

 

後に歌詞を載せますが、是非読んでみて下さい!
どの時代でも想う人に対する気持ちは同じなんだと共感できると思います!!

 


yasuna_tomozou.jpg

 

写真は保名です。

肩に榊の前の小袖を掛けています。
見ずらいかもしれませんが、頭に紫色の鉢巻をしています。

 

 

因みに、この鉢巻の結び目の場所には意味があります。

顔の正面に見て左側に結ぶと病気・病人を差し、
写真のように向かって右に結ぶと狂人・物狂いを指します。

 

 

 

深山櫻及兼樹振 ~保名~


 

作・篠田金治 作曲・清澤萬吉(のち初世清元斎兵衛)

 

恋よ恋 われ中空になすな恋 恋風が来ては袂にかいもつれ
思う中をば吹き分くる 花に嵐の狂いてし 心そぞろにいづくとも
道行く人に言問えど 岩堰く(いわせく)水とわが胸と くだけて落つる涙には
かたしく袖の片思い 姿もいつか乱れ髪 誰が取り上げて言う事も
菜種の畑に狂う蝶 つばさ交わして羨まし 野辺の陽炎はる草を
素襖袴(すおうばかま)に踏みしだき 狂い狂いて来たりける

「 ンーなんじゃ 恋人がそこへ居た ンーどれどれどれ・・・エエーまた嘘言うか 訳もない事言うはヤイ」

あれ あれを今宮の 来山翁が筆ずさみ 土人形の色むすめ
高嶺の花や折ることも 泣いた顔せず腹立てず 悋気もせねば大人しう
あら うつつなの 妹背中 主は忘れてござんせう
しかも去年のさくら時 植えて初日の初会から 逢うての後は一日も
便り聞かねば気もすまず うつらうつらと夜を明かし 昼寝ぬほどに思いつめ
たまに逢う夜の嬉しさに 酒ごと止めて語る夜は いつよりも つい明けやすく
去のう去なさぬ口説さへ 月夜鴉(つきよがらす)に騙されて いっそ流して居続けは
日の出るまでも それなりに 寝ようとすれど寝入られねば 寝ぬを恨みの旅の空
夜さの泊まりはどこが泊まりぞ 草を敷き寝の肘枕 肘枕 
一人明かすぞ悲しけれ悲しけれ 葉越しの葉越しの幕の内
昔恋しき俤(おもかげ)や移り香や その俤に露ばかり 似た人あらば教えてと
振りの小袖を身に添えて 狂い乱れて伏し沈む

 

 

清元「玉兎」について

| コメント(2) | トラックバック(0)

こんにちは。くにえです。

桜が満開です!!

やっぱり桜はいいですね。

1年の間で満開なのはほんの数日だけ・・・。だからこそ良いのかもしれません。
見ているだけでとてもあたたかくなります。


日々地震のある中で癒しの象徴となってもらいたいです。


 

今日は過去に何度か登場しました「玉兎」について触れたいと思います。

 

というのも、國惠太夫ブログを愛読してくださっている方から
「何度か出てきた玉兎について知りたい」とのご意見をただきました。

 

既に触れていたと思っていたのですが、勘違いでした(笑)

 

 

 

玉兎は1820年に初演されました。

本名題を玉兎月影勝(たまうさぎつきのかげかつ)といいます。
「玉兎」とは月に兎が住んでいて餅をつくという中国の古い伝説「玉兎(ぎょくと)」から
とられています。

「影勝」とは当時流行っていた越後の菓子「影勝団子」を盛り込んだとされています。
この団子はとても固かったそうです。
名前の由来は戦国時代、越後の龍といわれた上杉謙信の養子、上杉景勝からとったと
されています。
この人物が大変堅物だったことから「景勝」をもじって「影勝」と名付けたそうです。


曲の内容は月に兎が住み、餅をつくところから始まり、途中カチカチ山の
お話も組み込まれた分かりやすいものです。

ちなみに上記の「影勝団子」を盛り込んだのは、
テレビもラジオも無い時代に餅と餅つきを掛けてCMも役割も果たしていたとも
言われています。


 ※この動画は2008年8月17日やのくら音楽会にて抜粋で演奏。

玉兎月影勝(玉兎)


作詞:二世桜田治助・作曲:清沢万吉


実に楽天が唐詩に つらねし秋の名にし負う 三五夜中の 新月の 
中に餅つく玉兎 餅じゃござらぬ望月の 月の影勝(二上り)飛団子 やれもさ 
うやゝれ やれさてな 臼と杵とは女夫でござる やれもさ やれもさ 
夜がな夜ひと夜 おゝやれ とゝん上から 月夜にそこだぞ やれこりゃよい子の
団子が出来たぞ おゝやれ やれさて あれはさて これはさて 
どつこいさてな よいとよいとよいとよいと よいとなとな これわいさのよい これはさておき

昔々やつがれが 手柄を夕べの添乳にも 婆食った爺やがその敵
うつやぽんぽらぽんと腹鼓 狸の近所へ柴刈りに きゃつめも せたら大束を
えっちりえっちり えじかり股 しや御参なれ こここそと
後から火打ちで かちかち かちかち かっちかち かちかちの山という内に
あつつ あつつ そこで火傷のお薬と
唐辛子なんぞで みしらして 今度は猪牙船 合点だ
こころへ狸に土の船 面舵 取り舵 ぎっちらこ
浮いた波とよ 山谷の小舟 焦がれ焦がれて通わんせ
こいつは面白おれ様と 洒落る下よりぶくぶくぶく
のうのうこれはも泣きっ面 よい気味しゃんと敵討ち
それで市がさかえた 手柄話に乗りがきて

お月様さへ 嫁入りなさる やっときなさろせ とこせとこせ 
年はおいくつ十三七つ ほんにサアお若い あの子を生んで やっときなさろせ とこせとこせ 
誰に抱かせましょうぞ おまんに抱かしょ 見てもうまそな品物め しどもなや 
風に千種の花うさぎ 風情ありける月見かな


※青色部分は上記動画内で未演奏の部分。

清元 國惠太夫

祈念

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは。くにえです。

 

色々と書くこと・お知らせすることがありましたが、
先の地震により節電を心がけたことなどにより、
約1ヶ月のご無沙汰をしてしまいました。


この1ヶ月は、東京・大阪を中心に
舞台に出させていただいておりました。


どの場所へ行っても地震の話を耳にしました。

舞踊や古典を愛する方々は、全国に沢山いらっしゃいます。
もちろん東北地方にも沢山いらっしゃいます。

踊りの師匠、又は習っている方、お弟子さん。

被害に遭われたり、今もなお行方不明だったり。


あの揺れを体感した時よりも事後の毎日を過ごしているほうが、
今回の地震の規模を実感します・・・・・。

正直、怖いです。

しかし、また明日が来ます。


くにえは今まで以上に奮起していきたいと思います!


ブログも不定期ですが、また更新を再開してまいります。

 

 

最後に。
この度の地震により亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、
被災された皆様に心より御見舞い申し上げます。

また被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

 

清元 國惠太夫

プロフィール

清元國惠太夫プロフィール

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アイテム

  • yasuna_tomozou.jpg
  • yasuna_kiyomoto_kogakouichi.jpg
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.2.7